タヌキが逃げた話。

写真は職場のエントランス付近で見かけたお花。ようやくモントリオールにも春が来た!全力で楽しむ季節が到来する。

 

 

 

 

 

 

ここ数年、夢を見る回数が少ない気がする。若い頃と違って即睡・熟睡・爆睡できるようになり、ちょっとした物音に目覚めてその後眠れなくなるなんてことがめったになくなった。眠りが深くなって夢を見ることが少なくなったのか、それとも起きるまでに見た夢を忘れてしまっているのか、いや図太くなってきているだけなのかも(笑)

続きを読む

モントリオールとマフィアの関係

 

写真は、ダウンタウンにある、韓国+日本料理のレストランにて。韓国人オーナーなので、やっぱり韓国系のものの方が強いけど、両方楽しめるのってうれしいね。多分チーズタッカルビという料理だと思うんだけどw、コチュジャンにつけた鶏肉とイカをたっぷりの野菜と炒めたもの。席で料理してくれて、熱々を食べられる。

こちらのレストランはSam Chaといって、メトロのAtwater駅から歩いて5分程度のところ。ちょっと穴蔵的なスペース、週末の夜は結構なこみ具合で居酒屋的な活気がある。私の定番、スンドゥブチゲもイケるし、和食もチキンカツ定食を試したけど、ボリュームもあり美味しかった。シチュエーション的には… 続きを読む

写真に写る、人の気持ちー宮部みゆきの「小暮写真館」

20190315_191548.jpg

写真は、一品食べた後wのすし盛り@かりん。ご飯が赤米なのが意外で面白い。しかも、ウニが入っているなんて思いがけなかったので、一気に幸せ度が増す(笑)。ちなみに食べてしまったのは出し巻き卵…だったと思う。

モントリオールにも、日本語の図書館があることは前に書いたが、その後日本の「アマゾン読み放題」に加入したので、寒い中移動に1時間以上かけて紙の本を借りたり返したりするのも億劫になり、最後に返す方だけ行くつもりが、図書館のボランティアの方に、
「借りていきなさいよ~、一回電話で延長できるから、そうしたら次返すときにはもう春になってるから大丈夫。」と、熱心に借りていくことをお勧めいただいたため、意志弱く、また借りてきた(笑)。夫の車を待たせていたので、あまり中を確かめないでも面白いことが保証されている(と私が思う)作家を選んで借りた。その中の1冊…上下巻なので本当は2冊だがーが標題の「小暮写真館」(2010年の作品)だった。これが、今までとは違う意味で驚きの作品だった… 続きを読む

イチローさん、私は自分が恥ずかしい…

写真は、お誕生日にもらった手書きのカード。上の娘はこういうのがお得意だ。私の顔がコアラのマーチのコアラに似てるっていうのが内輪のジョークなので、そのコアラ顔のイラスト。やっぱりなんか私に似てる(笑)

このカードの裏には、なんと日本語で手書きのメッセージがいっぱい書いてあった!英語なら美辞麗句をさらさら~っと書ける娘だけど、日本語だと話すのは問題なくても、漢字を入れて書くのは結構手間がかかると思うのに、しっかり書けていてビックリ。プライベートなので全部はご紹介できないけど、一番うれしかったのは…

続きを読む

Facebook Challenge、受けて立ちますか?

ビデオだが、プライバシーを尊重したためお見苦しいが、元々音声だけをお聞かせしたかったので、お許しを…(苦笑)

このビデオは、金曜日メトロに乗った時、たまたま聞いた車内アナウンス。(画像は無視して、音声のみ楽しんでいただけるといいw)実はこのビデオを撮り始める前に、この車掌さん(運転手さん?)は前触れもなく歌い始めて…

続きを読む

2019年はどんな年にしますか?

写真は、ようやく行けたモントリオールの牛角。最近、ティーンエージャーの娘たちは自分の友人たちと遊びに出ることが多く、親のお出かけにはついて来ない。そこで、夫婦だけでアジアスーパーへの買い出しに行くか、または蚤の市を冷やかした後にランチというパターンが多い。今週は久しぶりに…

続きを読む

零下にお引越し (その2)。

 

 

 

 

 

 

写真は、実は去年の冬に雪が積もった時のストックフォト。ふわっふわのパウダースノーに朝一番に足跡を付けていくのは結構楽しい。ただ、歩くには雪って結構厄介で、普段5分の最寄りのメトロへの道のりも… 続きを読む

零下にお引越し(寒っ)。

写真は、この2年住み続けたアパートの管理人さんがやっているお店の帽子たち。あったかそうでカラフルで、つい色々揃えたくなっちゃうよね。でも、結局は…

続きを読む

心に響いた、未来ある子供たちへのメッセージ

写真は、友人たちと食べに行った火鍋。マレーシアでは人が集まるというと10回に1回は火鍋ってくらい、よく食べていた。ここモントリオールでは、税金やチップなど入れたら…

続きを読む