ひとりごと的つぶやき

イチローさん、私は自分が恥ずかしい…

 

写真は、お誕生日にもらった手書きのカード。上の娘はこういうのがお得意だ。私の顔がコアラのマーチのコアラに似てるっていうのが内輪のジョークなので、そのコアラ顔のイラスト。やっぱりなんか私に似てる(笑)

このカードの裏には、なんと日本語で手書きのメッセージがいっぱい書いてあった!英語なら美辞麗句をさらさら~っと書ける娘だけど、日本語だと話すのは問題なくても、漢字を入れて書くのは結構手間がかかると思うのに、しっかり書けていてビックリ。プライベートなので全部はご紹介できないけど、一番うれしかったのは…

「モントリオールに今住めてるのも、日本語をちゃんと喋れるのも、いろんな小さいことをママがしてきてくれたおかげで今の状況にいるんだと思う」と書いてくれたこと。20歳になってこういうことに思いを馳せることができるようになった娘を持てて、誇らしい。一方で、私が20歳の時はこんな事まだ考えてはいなかったなあ、と思う。子供って自分のバージョンアップ的な箇所が多々あるよね…

こちらは、娘二人から誕生日にもらったアヒルのチョコレート。「ママが好きそうな可愛さ」らしいw。

さて、日本が世界に誇るイチロー選手が引退した。私は野球に詳しくはないけれど、イチロー選手が動画に出てると見るし、イチロー選手の語録も読んだ。練習風景を取ったテレビ番組なんかも見たりして、私の中で彼はやはり別格で、心から尊敬していた。彼の意表を突くような考え方、でも意表を突くために変わったことを言おうとしているんじゃなくて、こういえば丸く収まるみたいな言い方に決して合わせない、独自の考え方を育ててきた人なんだと思う。

今回、引退記者会見を見て、すごい心に残る発言の連続だったんだけど、一番心に刺さったのは、「誰かに勝つためじゃなくて、自分に勝つために今の自分より少し良くなるようにと繰り返していくと、ある日振り返った時に『あれ、こんなとこまで来てた』って思える」、みたいなことを言っていたところ。そして、子供たちへのメッセージとして、「野球だけではないと思うが、自分の好きなことを見つけて、それを一生懸命やっていこう。見つかるまで、色々試してみればいい。得意なこと、上手くできることというよりも、好きであることが大事」というようなことを言っていた時、私はなんだかとても恥ずかしい思いになった…45歳で28年間プロ野球人生を送ってきたこのヒーローの引退動画を、自宅のPCで1日遅れで見ているこの私は、彼よりも年を重ねてきたにもかかわらず、いまだに自分の好きなことを一生懸命やっていないじゃないか、と。これまでの人生、色々なことを試すことは多分たっぷりとやってきたけど、何かを本当に好きだと思って突き詰めてやり遂げたことがなかったんじゃないか、「できない言い訳を潰すために練習する」なんて厳しい思いをもって何か事に当たったことなんて、一度もなかったんじゃないかと、そのまま続けて見るのが辛くなるほどの思いに駆られた。こんな唯一無二の存在と自分を比較すること自体、イチローさんに「他人と比べるなんて意味ないよ」と言われてしまいそうなバカげたことではあるけれど、彼の言葉は、そのくらい直接心に沁みた。今までに「自分の好きなことをするのがいい」という意見は数々の啓発書などで見かけた。でも、本当にそれを実践して、体現した人が口にした時、その言葉は本当に重い。

彼が最後の1年間、「スぺシャルアドバイザー(会長付き特別補佐)」という今までにないタイトルでマリナーズに残ったことを、「往生際が悪い」「後続の者に道を譲るべき」というように書いた記事もあったのを読み、私は、「なんでそんなにアホなことを言えるのか?」と本気で驚いた。

1.イチローに対する敬意と、マリナーズにとってそういう扱いをするだけの価値がある人だと思われていなかったら、マリナーズはこのような措置をしないはず。間違いなく彼にはそういう価値があった。
2.イチローは、最後の悪あがきではなく、本気で復活を目指してトレーニングを続けていたんだと思う。それは、野球人生を貫く者として、真っ当な生き方だ。もし、記録や外聞だけを気にしている人なら、「きれいに」早めに引退していたかもしれないが、彼の価値観はそこにはなかったんじゃないか?「まだ打てるうちに辞める」のではなくて、本当に打てなかったとはっきり自分で納得してから辞めてどこがいけないの?
3.最後の打席での美しいフォーム、本気で「打ってやる」という気合の入った表情。凡打で終わったのに平常な顔で一心にベンチに走って帰っていく姿、このような厳しい終焉をしっかり最後までやりとげたイチロー。これだけ、生きているだけで人々にとてつもない影響を与えられる人を英雄というのだろう。

わたしは、これほど素晴らしい引退試合を見たことがないと思う。

イチロー選手、お疲れさまでした。今までありがとう。これからも楽しみにしています。

*************************************

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ブログランキングに登録しています。

カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度、プラス他の方の経験談など折々投稿して、PEQの生の声を伝えていきたく思っています。ただし、状況は常に変わっていきますので、PEQで行こう!と思われた場合は、必ず最新情報を一つ一つ確認して進めていかれることを強くお勧めします。
ブログランキング投票で、応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ご意見、ご感想をコメントいただけると、励みになります。コメントは、このページを下にスクロールしたら書き込めます。直接のお問い合わせはこちらからどうぞ。

********************************************

POSTED COMMENT

  1. J子 より:

    peqさん、お誕生日おめでとうございます。
    いやいや、peqさん、私からしたらモントリオールに移住されて、仕事だって転職までして、うまく言えないのですが、自分がやってみたいと思うことを軽やかに挑戦されていて、多分同年代の私からしたら尊敬しますし、正直羨ましいです!お嬢さんたちもpeqさんの前向きな生き方や、目標に向かって努力されている姿を身近に見ているからあえて大変なのに日本語のメッセージを送ってくれたんじゃないかな、と思いました。
    この一年も素晴らしい年となりますように。

    • PEQMONTREAL より:

      J子さんへ
      ありがとうございます。
      お時間を取って心温まるメッセージを書いてくださり、ありがとうございました。この週末ちょっとへこんでいましたが、イチローさんに触発されてまたがんばろうという気になっています。今の私は全然軽やかじゃないですよ~いつだって。水面下で必死にもがいている水鳥の様です…ゲーム翻訳家を目指そうと思った時には、ちょっと「ママ結構かっこいいじゃん」と娘達に思われたいっていう変な欲が出ちゃったかなと思います(笑)。でも、親のカッコ悪くもがいている姿も、かっこいい姿と同じくらい見せるべきところなのかも。見る人から見れば悪あがきに見えるようなことでも、自分の中で「やりたい」という思いがある限りは、私たちは挑戦し続けてもいいんだと思っています。同年代の方が読んでくださってると思うと、何よりうれしいです。コメントをいただいたこと、本当にありがとうございました。いい一年になるように、自分からも働きかけていきます。J子さんにとっても素晴らしい一年となることをお祈りいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です