ひとりごと的つぶやき

いよいよ、冬に突入…

 

 

 

 

写真は最近もう一度見たい見たいと願っていた、黒澤明監督の「七人の侍」の1シーンから。冬になるとやっぱりお家でまったり映画のビデオを見るのがいいよね。新しい映画も悪くないけど、黒澤明の映画は本当に何度見ても面白いなあと思う。私が特に好きなのは騙し騙されるのが面白い「椿三十郎」。だけど、この「七人の侍」の方がもっと一般受けがいいらしく、最近また英エンパイア誌が発表した「外国映画ベスト100」で堂々の一位だったらしい。これって、本当にすごいことだと思う。キャラクターのわかりやすさと構図のダイナミックさ、映像の圧倒的な美しさ、なのに芸術というだけではなくてとことん娯楽大作なのが本当に傑作だと思う。

私がこの映画より「椿三十郎」の方に惹かれていたのは、「七人の侍」は面白いながら最後にとても「やりきれない苦さ」があることが一番の原因なんだけど、その「やりきれない苦さ」が、この話に深みを与えているというか、この苦さって、普遍の、世界共通の感情なのかな、ともう一度見直してあらためて思った。そういいつつも、「椿三十郎」だってやっぱり、全体的にちょっとおトボケでユーモア漂う流れなのに、最後に圧倒的なラストが待っている。この監督の映画にはいつも凄みというスパイスが効いているのが、何とも言えない味なんだよね。もしまだ黒澤の映画見ていない人がいたら、日本人としてはやっぱり見ておくと話しのネタにもいいと思う。それに面白いし、あ、それはもう言ったかw

********************************************

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

ブログランキングに参加中。いいねの代わりにクリックしてね。

********************************************

今日はマクラも本題も芸術関係…モントリオールの冬はやっぱり映画や読書を満喫できる時期だしね(笑)

前に、カミュの「異邦人」にフランス語で挑戦して、さっぱり楽しめずにあきらめて、その後日系会館で日本語版を見つけてやっとよく味わうことができた、素晴らしかったという話を書いた。今、通勤時間が長くなったため、メトロに30分ほど乗るので、その時間を使ってアプリでフランス語版をあらためて読み直している。一旦話が頭に入っているので、今回はもう理解している話を(へえ~~。フランス語ではこう表現するのね)と感心しながらとっても楽しめている。日本語図書館よ、本当にありがとう!(笑)その日本語版を読んだ時、話が一番盛り上がる箇所で、動悸がしてきて、心臓が心配過ぎて途中で読むのを中断するという、私の中ではビックリな事件があった。あまりにもドキドキしたので、本当に心臓疾患を疑ったほどだ。実は本当にそのくらいその本には人の気持ちを揺り動かすような力があっただけだったようだが(笑)

今回はフランス語で、しかもそのアプリで読むと、わからない単語はクリックするだけで意味が出るため、本当に気持ちよく読み進めていくことができて、30分とても有意義な時間を過ごせている。面白いのは、日本語だともちろん母国語なので、サクサク読めてしまい、気が付くと細かいところを読み飛ばしていたようなのだが、フランス語ではそれができないので、かえって時間をかけて丁寧に読んでいる。一字一句理解しながらという感じだ。そのせいか、日本語の時に拾えなかった重要な伏線や、面白味みたいなものを、フランス語が得意ではないためにゆっくり丁寧に読むことで、日本語の時よりも気づけたりする。前みたいにわけがわからないものを読んでいる感覚ではなくなり、苦行ではなくて寧ろ本当に楽しんで読んでいる。意味が分かるということはこんなに気持ちがいいものかと思う。

実はこの「異邦人」は大変現代的な手法で書かれているそうで、文学とはいっても敢えて簡潔な文体で書かれている。例えば単純過去ではなくて複合過去と半過去で書かれている。フランス語の初級から中級者向き、私にはちょうどいい難易度となっている。本当はそろそろフランス語のクラスに戻ろうかとも考えていたが、寧ろこの本を読み進めていく方が、私のフランス語保持のためには効くかもしれない。今は、今通勤中30分の本読みと、30分の韓国人ママとのおしゃべりくらいしか、フランス語には触れていない。しばらくはこの2つと、時々フランス語ネイティブのお友達とのおしゃべりの組み合わせで継続していこうかなと思っている。

********************************************
カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度、プラス他の方の経験談など折々投稿して、PEQの生の声を伝えていきたく思っています。ただし、状況は常に変わっていきますので、PEQで行こう!と思われた場合は、必ず最新情報を一つ一つ確認して進めていかれることを強くお勧めします。

執筆者達のやる気を支えるクリックでの応援大歓迎いたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

コメント、または、直接メールにて感想などいただくと、さらに励みになります。

********************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です