PEQ (ケベック経験プログラム)

PEQで本当に大丈夫ですか?(質問いただきました)

 

写真は、この時期によく見かける冬の準備のための一品。靴裏にかぶせて、雪や凍った地面の上で滑らないようにするもの。私はもう冬のブーツに切り替えたが、雪が積もり始めるまでしばらくはまだブーツを履きたくない場合は…こんなものをバッグに常備しておくのもいい手かもしれない。でも、冬はもうすぐそこまで来ているのは、間違いない…

********************************************

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

ブログランキングに参加中。いいねの代わりにクリックしてね。

********************************************

今週は、このブログを読んでくださっている方から問い合わせをいただいたが、多分PEQを検討中の方が知りたい内容だと思うので、ブログの記事としてお答えさせていただく。

Hさん「PEQMONTREALさん、こんにちは。
ブログ、すべての記事が楽しく、興味深く拝読しています。
私の見落としなどもあるかもしれないのですが、質問させてください。
peqmontrealさんは、モントリオールに移住することを考える前は、フランス語はゼロだけど、そもそもが英語の通訳・翻訳をするほど英語は堪能で、しかもマレーシア語などもお出来になって、語学の素養はかなりあったということですよね?(もし私が記事を見落としていたら申し訳ございません)
なので、英語とも似ていないフランス語でもやってみよう!というお気持ちになった、ということでしょうか」

PEQMONTREAL「フランス語はゼロからのスタートでした。英語はTOEIC960点、英検1級保持者です。でも、その他の言語は挨拶程度しかできず、言語習得の達人とは言えません。(英語も結構な時間かけて習得してます。)私の周囲には、本当に語学の達人がいて、その人たちはフランス語をペラペラと話せてるため、世の中には本当に語学の達人っているんだな、ということは知っています。自分はそういうタイプではなく、必死でがんばってぎりぎりTEFAQB2に受かった感じです。フランス語は、発音は英語と似ていませんが、単語や語順などは共通点もあり、英語を知っていることはフランス語の助けになると思っています。でも、中級以上に上がってきてもずっと英語からの翻訳調、英語的な発音で話してしまい、なかなかフランス語の深い部分に行けなくなってしまう可能性もあるため、英語ができている人は、そのことを意識して早くからフランス語らしい発音とフランス語独特の言い回しに気を付ける必要があります。」

Hさん「また、職業訓練校は、最初はDTPを希望していたけれども、開講の時期の関係で、詳しくはないけれど、もうスクールボードに申し込んでいたことと、開講場所の関係でコンピューターサポートを学ぶことになった(運命?)んですよね?
私もDTPがいまのところ気になっているのですが、コンピューターのコースはそもそも嫌いではないので(文系なので数学はだめですが)、気になっています。でも、peqさんの書いておられる様子を拝見すると、正直微妙?と感じました。

PEQMONTREAL「最初はインテリアデザインを希望していました。しかし遠隔地で、子供の学校を後で変える必要が出てきそうだったため、こちらに来てからグラフィックデザインに変更しようと試みましたが、定員オーバーで無理、そのため、校舎が比較的ダウンタウンに近くて、後でも知識が活用できそうかなと思いコンピュータサポートのコースに決めました。ITの経験は特にありませんでした。普通にインターネットを利用したり、メールしたり、ワードやエクセルで書類を作るくらいのことはできました。

Hさん「でも、今立派に就職されているので、その選ばれたコース、悪くない!むしろいい!と思ってしまいました。(日本でそのご職業のご経験なしでしたよね?)
カナダ社会はコネともいうので、このブログを拝見する限り、peqmontrealさんのコミュニケーション力がなせる業でしょうけど、少し希望が見えました。
(ただ、コメントで、PEQや職業訓練についてあまりいいことをおっしゃってない方の意見もあり、人によるのはわかるのですが、ネガティブばかりでいても何もできないので、いいところを読もうとしています)」

PEQMONTREAL「現在の職業は、コンピュータサポートとは関係のない仕事です。むしろ、カナダに来る前にしていた仕事と関係しています。本当は、こちらで勉強したIT系に就職した方が、移民のためには政府を説得しやすく、安全だということは考えましたが、残念ながら就職できるほどのスキルは身につきませんでした。私もHさんと同じタイプで、なるべくいいところを見る主義ですが、こと移民に関しては、最悪のケースをいつも知っていることが大事というよりも必須です。ネガティブな話も同じくらいしっかりと読んでおく方がいいと思います。現実に、こちらでのコースに幻滅して、途中でコースを変えた(PEQをやめた)方も知っていますし、運良くいい先生に当たれば何か身に着けることも可能かとは思いますが、私のように卒業後に学んだことを活かせていない人がたくさんいることも事実ですので、現実から目を背けず、常に今のプランが上手くいかなかったらどうするかを準備することが必要だと思います。

Hさん「どうせB2試験を受けなければならないのだから、フランス語をしっかりやってフランス語で職業訓練したほうがいいという話も聞きました。私こそフランス語はゼロなので、不安です。」

PEQMONTREAL「少し前までは、フランス語で職業訓練をすると、フランス語B2の証明が必要ないと言われていたため、フランス語を短期集中で勉強して、フランス語の職業訓練校に入る人が出てき始めました。しかし、中にはまるで話せないのに無理やり入った人なども出てきたため、今ではフランス語の職業訓練を卒業していても、フランス語の資格試験の結果を要求されたり、インタビューに呼ばれる可能性も出てきています。また、学校によっては、入学してからフランス語の試験やインタビューを課して、フランス語が未達だと入学取り消しになったりと、しばらくは色々な混乱がありました。フランス語で職業訓練をするなら、やはりある程度フランス語での授業が理解できるレベルに達するまではしっかり準備する必要があると思います。そうしないと、授業についていくのも本当に大変ですし、ビザの延長等の手続きで入国管理局のお世話になる時に、「なぜフランス語の学校に行っているのに、そんなにフランス語ができないのか?」と疑われるようなこともあるそうです。理想的には、最初からフランス語のレベルを引き上げて、フランス語で職業訓練を受けて、本当にフランス語が流暢になって…と行けるのがケベックで生活していくには一番いい道筋だとは思いますが、職業訓練でつまづかずに済むようなフランス語のレベルに達するには、どのくらい時間がかかるのかは、個人差があると思います。」

Hさん「Hさん(別の方です)という方の記事のアップもお忙しいと思いますがお待ちしております。」

PEQMONTREAL「Hさんの記事、こちらです。 Hさんはちなみに、すでに永住権を取得して、モントリオールで楽しく生活していらっしゃいます。Hさんのお話は、1話完結のつもりで書きました。続きがあると思って待っていただいていたならごめんなさい!もう一つのサクセスストーリーは、その次の回に登場した私のもう一人のお友達の件です。」

************

本日とっても大事な余談ーEEのご紹介

このブログを見に来てくださる方は、PEQを検討している方も結構多いと思うのだが、今は連邦政府の方で、なかなか魅力的なプログラムを提供しているので、自分がそちらの方でチャンスがないか、よく調べてからでもPEQの検討は遅くないと思う。なにしろ、連邦政府のプログラムはプロセスがたいへん早いし、基準が明確なので、自分が可能性があるかどうかもすぐに判断できる。

こちらのEE(Express Entry)の件については、最近友人でも成功例が出たので、次回もっと詳しく記事をお届けしようと思っているが、興味のある方はとにかくまずこのサイトで、自分がこのプラグラムに適しているかだけでも確認してみることをお勧めだ。

エクスプレスエントリーの総合ランキングチェックツールはこちら。

http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/skilled/crs-tool.asp

来週はもう少し詳しく、EEについてもご紹介する予定。

********************************************
カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度、プラス他の方の経験談など折々投稿して、PEQの生の声を伝えていきたく思っています。ただし、状況は常に変わっていきますので、PEQで行こう!と思われた場合は、必ず最新情報を一つ一つ確認して進めていかれることを強くお勧めします。

執筆者達のやる気を支えるクリックでの応援大歓迎いたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

コメント、または、直接メールにて感想などいただくと、さらに励みになります(笑)

********************************************

POSTED COMMENT

  1. より:

    いつも拝見しています!!同年代なのでこのブログを励みにして頑張ってます。
    なるほど、PEQ,EEについてはどっちがどうこう割り切れるものでもありませんよね。
    ちなみに高齢でOUTな基準って存在するものなのでしょうかね。ダラダラと挑戦もしていられないと思いまして。。

    • PEQMONTREAL より:

      Kさん、コメントありがとうございます!また、同年代の方に読んでいただけて光栄です!年齢について、気になるところですよね。でも、これは本当に個別に違ってきますので、ご自分のスコアを計算してみてください。実は、同年代の方で年齢はゼロ点にもかかわらず、高学歴、カナダとの関わりその他諸々で1000点近く行くという強者な方も身近にいるんです。まあ、この方はかなり例外ですけどね…なので、ほかの条件次第ですので、ぜひ、自分のスコアをツールで確認してみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です