PEQ (ケベック経験プログラム)

(寄稿)Vol.2 しばさんのフラ語で職訓&子連れでモントリオール 

 

 

 

 

 

(文:しばさん…マレーシア時代からのPEQMONTREALの友人です。)

私はエージェントを通して入学申請をしたのですが、フランス語の公式テストでB1レベルであることが求められる、と言われました。果たしてフランス語で授業についていけるのか自信もなかったので、それの確認もかねてテストを受けましたが、なんとかクリア。ちなみに、学校の方からはフランス語レベルの証明は全然求められませんでした。ただ、コースが始まる2週間ほど前に面接があり、家族の事やカナダに来る前の生活の事、なぜこのコースを取りたいのか、などフランス語で聞かれました。コンピューターサポートのクラスだからか、自己紹介の後最初に聞かれた質問が、パソコンが壊れちゃったらどうする?でした。

ブログ存続の支えにポチっとね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村

私の入ったコースは、CSDMというフランス語の学校の教育委員会の管轄にある専門学校で行うコースですが、ケベックに来たばかりの留学生専用のクラスでした。学校関係をエージェントに任せて細かいことを確認しなかったので、自動的にそこに入れられたのかとも思いますが、アフリカのフランス語圏からきたフランス語ネイティブの生徒も数人いるので、とにかく外国人留学生はここに入るんでしょうかね。

クラスは20人ほど。ニジェールとアルジェリアからのフランス語ネイティブが3人。日本人は私一人。残りは韓国人と中国人が半々位。韓国人は(私と同じで)子供の教育のためにカナダ移住を目指すママがほとんど。中国人で、オンタリオで永住権を取ろうと3年挑戦したけどノミネーションがもらえなく、ケベックのPEQに鞍替えした子もいます。生徒みんながフランス語分かるか、というと正直よく入学できたなあ、という人もいます。英語の職業訓練コースに面接が入ってきたので、それを避けるためにコースを始める前にフランス語学校に通って、かなり付け焼刃的なレベルで来ている人も数人います。あのB1レベルの要求はなんだったんだろう、と思いますが、確かに先生の言ってることをきちんと理解して授業に参加していくためには、B1レベルくらい必要だろうと思います。ITなので、英語の用語もよくでてきますけど。

先生もフランス語がおぼつかない留学生に教えるのは初めてらしく、ゆっくり話して何度も繰り返して確認を取ってます。でも、カナダ人の通常コースでやってることと同じことを全て教えるから、自分を信じてついて来てくれ!と熱血入ってます。ただ、かなりケベック訛りが強く最初はびっくりしましたが。

まだ学校が始まって3週間なので、それほどテクニカルな内容にはなっていないのですが、今までやったのが問題解決の仕方、コンピューターの仕組み、プロセッサーなどの部品の説明、ソフトウェアの説明などです。まだ講義を聞くことがほとんです。私もIT関係は全く初心者なので、とりあえず日本語の本を、と思いITパスポートという資格の説明本を日本から持ってきたのですが、内容的に似ているところも多いと思います。

********************************************
カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度、プラス他の方の経験談など折々投稿して、PEQの生の声を伝えていきたく思っています。
執筆者達のやる気を支えるクリックでの応援大歓迎いたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

コメント、または、直接メールにて感想などいただくと、さらに励みになります(笑)

直接のお問い合わせは右上メニューからどうぞ。

********************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です