ひとりごと的つぶやき

運気、上がってます…

 

 

 

 

写真は、しょぼいクローバーの写真(笑)のように見えるかもしれないが、時間があれば拡大してよーくみてほしい。違いに気づいてくれたらうれしいな。子供の頃、4つ葉のクローバー探しというのがはやった時期があった。幸運の印なんだとかで、特に女の子たちが一生懸命探していた時期があった。そんなハヤリモノを少し斜めに見ていたヘンテコ小学生の私だったが、ある日、(私にも見つかるかな?)と思い、ふっとクローバーの群生しているところにしゃがみこんだら…なんと目の前に4つ葉のクローバーを見つけた。その間約3秒。その後、特に何かすごくいいことがあったという話ではないが、なんとなく、(私はものすごく運がいいのかもしれない)と信じて生きてきたこと自体が、私にとっては福音だった気がする。

ブログ存続の支えにポチっとね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村

最近、TEFAQのことやら就活のことやら、今後の自分たちのことやら、クヨクヨボックス(笑…覚えてる人いるかな?)がまた必要なくらい、ストレスが溜まっていた。私は、不安が高まると食べに走るタイプで、食べると疲れやすくなり、動きが鈍くなり、頭が悪くなり(これはホントに)…それでまたクヨクヨして、更に食べる…と絵に描いたような悪循環を繰り返していた。

でも、デトックス道場(笑…こっちも覚えてる?)でこのような悪循環から抜けるための簡単な方法を学んでいるから、本当はどうすればいいのか、よくわかっている。やることはたった二つ。

1.朝ご飯をずらして、食べない時間を12時間以上作ること。

2.景色のいい場所をひたすら歩くこと。

更に、今日が勝負だ、というような大事な日が来たら、とにかく食べない。何も食べない。お腹がすいても歩けば治る(笑)

食べない時間を12時間以上、というのは意外と簡単なことで、夕飯を食べ終わるのが8時だったとしたら、翌朝の8時まで食べないということだ。私の場合は、少し延長して10時~11時くらいまで食べない。本当にお腹が鳴って、その1時間後位にやっと食べるくらい。ただし、朝に低血糖でつらくなるといけないので、コーヒーか紅茶に大さじいっぱいのメイプルシロップを入れて、飲んでおく。

歩く、というのは毎日仕事や学校で忙しい人には大変かもしれない。でも、私は今は時間の余裕があるので、夜に娘と川沿いを散歩していた。平日に毎日2時間程度。これは本当に効く。心の清々しさは、ヨガをした時と同じくらい効果がある。最近は日が沈むのが早くなってしまったので、夜はあきらめ、平日の朝に、ほんの30分だけでも一人で歩くことにした。これも川を見に行く。それ以外にも、買い物等でもちょくちょくまめに出て、近所を歩いたり、メトロで出かけるときにも、わざと少し遠くの駅で降りて歩いたりする。

そうすると、まず、疲れにくくなる。頭がすっきりして、何となく物覚えもよくなった気がするし、集中力も高まってくる。何より、また運気が高まっているのではという予感がすごくしてくるのだ。

先日、今は自分の運気が高まっている、ということをどうしても信じたい理由があって、川沿いの公園を一人歩いているときに、クローバーの群生しているところにふと、しゃがみこんでみた。3分くらい目を凝らしてみたけど、4つ葉は見つからなかった。あきらめきれずに、別の場所でまた座ってみたけど(笑)、やっぱり、見つけられない。クローバーに頼っている自分の精神が情けない気もするが、その翌日がとても大事な日だったから、藁にもすがる思いだったのだと思う。

そして、その翌日。オールドポート近くをたまたま散策することになり、そこでまた、クローバーを見つけた。昨日探して見つけられなかったのだから、とも思ったがもう一回見てみよう、としゃがみこんだら…遠い昔の様に、またその目の前にあった…その間約1.5秒(笑)今回は、上の写真の、5つ葉のクローバーだった!

現実の問題を、本当に運気の高まりで乗り越えられるのかどうかはまだわからないけれど、少なくとも、この不安要素の多い時期に、自分はものすごく運がいいのかもしれない、と信じて明るい気持ちを持ち続けていられるのは、数少ない私の強みの一つだと思っている。

********************************************
もしも記事が面白かったら、ボタンをクリックお願いします。😊

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

コメント、または、直接メールにて感想などいただくと、さらに励みになります(笑)

直接のお問い合わせは右上メニューからどうぞ。

********************************************

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です