カナダ生活

引越し大騒動

写真は、ジェイク・シマブクロのコンサートからすっかりウクレレ熱に浮かされた結果、翌週に買ってしまったウクレレ。これをセント・ローレンス川に持って行って、川の流れる音を聴きながら、ポロン、ポロンと弾くと、なんだかいっぱしのミュージシャン気分。前から弾き語りってしてみたかったんだけど、ウクレレは凄い。ほんの1、2週間遊んで弾いていただけで、もう曲が弾けちゃうなんて! どんな音がするかは、こちらで聴いてね。 https://www.youtube.com/watch?v=J3O4IZNEdVE写真は、ジェイク・シマブクロのコンサートからすっかりウクレレ熱に浮かされた結果、翌週に買ってしまったウクレレ。これをセント・ローレンス川に持って行って、川の流れる音を聴きながら、ポロン、ポロンと弾くと、なんだかいっぱしのミュージシャン気分。前から弾き語りってしてみたかったんだけど、ウクレレは凄い。ほんの1、2週間遊んで弾いていただけで、もう曲が弾けちゃうなんて!
どんな音がするかは、こちらで聴いてね。
Don’t judge my fist Ukelele Trial ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最近ブログが滞りがちなのには、でっかいわけがある。

実は、いよいよもうすぐ上の娘もカナダ上陸の予定が決まった!

何が何でもケベックの大学を受けてね、とわたしに言われ、英語で学べるのは3大学(モントリオールには2大学)しかない中、

なんと見事に合格してくれた!世間には多くの大学に受験させてもらってその中から決めることができる学生も多々いるのに、うちの娘はコンコーディア一本で受験。(マギル大学という、すごい有名な優秀な大学がもう一つ、モントリオールにあるのだが、こちらはセカンダリー(中学、高校)を6年修了していないと受験させてもらえない。娘は英国式で5年しかやっていないので、その後カレッジに行ったけれども、マギルではカレッジをセカンダリーの代わりと見なしてくれないらしい。その点、コンコーディアの方が柔軟だった。)さぞかしプレッシャーが大きかっただろうと思う。

そんなわけで、今のシェアハウスがとても気に入っているにもかかわらず、さすがに2部屋借りるとなると、自分たちでアパートを借りた方が経済的、という結論になり、同じエリアにアパートを借りることにした。もちろん今は学生で、稼ぎのない身の上だから、贅沢はできない。こじんまりしたアパートで、スペースを有効利用するために、日本的なインテリアで生活しよう!と思っている。テーマは、”Mobile”!(可動式というか、小回りが利く住み方、という意味で) アパートを探すには、Kijiji や、Craigslistなどオンラインのクラシファイドが役に立った。後は、気に入った地区を歩いて、Louer(貸家)のサインのあるところに電話をかけるのもGood. 何件か見たのだが、結局は家賃が手ごろで、メトロに歩いていけて、自分のなじんだお店にも近いところを選択した。結構古い感じのアパートだが、ロンドンの古いアパートや、マレーシアのまっすぐじゃない部屋の四隅などに慣れている私にとっては、カナダの古さは「次元が違う」ので、何の抵抗もない。(笑)家具がなにもなく、しかも4家電(冷蔵庫、コンロ+オーブン、洗濯機、乾燥機)もついていない。寝室は1つで、ダブルサロンといってリビングが2部屋くっついているスタイルだ。こちら側を娘たちの”部屋”と見立てて、間に仕切りをつけて自分たちの好きなようにアレンジしてもらおうと思う。

寝室はキッチンとつながっている。ありがたいことに、キッチンが結構広いので、ここに大き目のダイニングテーブルを置いて、ここでみんなが集まったり、一緒に勉強したりできるスペースを作ろう。(リビングの変わりにもなるし)私の部屋は昼間はリビング、半分は書斎みたいに使って、ここに本を置いたり、コンピューターやプリンターを設置しよう。ベッドは、次の引越しの時にまた大変だし、スペースに限りがあるので、ここはふとんを利用しよう!(今は日本から送ってくれるオンラインショップがある!)などなど、色々なアイデアが沸いてきた。

ないもの尽くしというのは、知恵を引き出すためには欠かせない状況だとも言える。そして、私の場合、周期的にこういう状況に追い込まれるのが好きみたい。(笑)

何でも揃っていて快適な環境に慣れてくると、なんだかむずむずしてくる。

 

引越しは8月2日。今回はとっても面白い引越し業者をお願いしているので、次回はその件をブログで紹介しようと思う。お楽しみに!

 

ところで、モントリオール在住の方、これから住もう、という方で部屋を探している人いないだろうか?私が住んでいたこのシェアハウス、本当に楽しいので、ぜひお勧めしたい。ブログにも何度か登場した、個性あるホストの女性ともお友達になれるチャンスだし、わたしも多分たまに顔を出すので、PEQで来ている人なら情報交換も可能だし。もし、興味のある方を知っていたらご一報ください。

 

*************************************
カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週1くらいでアップして行く予定です。
次も読みたいと思った方だけ、ぜひ下のアイコンをどれか一つクリックで応援お願いします。

コメント、または、直接メールにて感想などいただくと、さらに励みになります(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

直接のお問い合わせは右上メニューからどうぞ。

 

POSTED COMMENT

  1. Mayu より:

    先日メールさせて頂きましたマユです!めちゃくちゃ丁寧なお返事をありがとうございます^^
    10月からの分はもう満員で、来年の1月からPEQプログラム開始します!
    その個性的なホストのお宅ですが、ダウンタウンから近いですか?
    因みに、お金の余裕があまりなく、家賃$300前後で探しています!笑 そこは月どのくらいですか?

    • ちえこ より:

      Mayuさんへ

      10月満員ですか!私の時もコース変更をしようとしたら、結構満員で2ターム待ちなんていうのもありました。でも、予定がはっきりしてきてよかったですね。

      わたしが今いるシェアハウス(今日が引越しで寂しくて今、胸が張り裂けそうですが…笑)は、こんな感じです。

      1. メトロの駅まで徒歩10分(自転車で3分)駅その他に行くバス停は徒歩60秒くらいのところにあります。. ダウンタウンのGuy Concordia駅まで6駅です。

      2. 残念ながら家賃は少し高めです。私の部屋はダブルルームで560ドルです。部屋をシェアできる相手がいれば予算に合いますが、人によってはシェアは無理な方もいますよね。
      シングルルームもあるので、料金を確認してみますね。でも多分500ドル前後なんじゃないかな?あまり安くはなかった気がします。

      モントリオールで安いお部屋だと、400ドルくらいからだと思います。

      できるだけ部屋にお金をかけたくないですよね。お気持ちよくわかります。シェアルームを検討されたらいかがでしょうか?私は20代の頃、ルームメートと住んだことあります。

  2. ちえこ より:

    補足ですが、設備の整った気持ちの良いアパートです。私が気に入っていたのは、家電がいいものを置いていること、特に食洗機があるのはありがたかったです。後は地下に押し入れ半分程度の物置スペースを貸してくれるので、普段使わないスーツケースなどをそこに保管でき、部屋が広く使えました。でも何よりもそこで出会った人たちが素晴らしく、今でも元のハウスメイトと交流が続いています。

    • Mayu より:

      またまたご丁寧にありがとうございます!!

      ルームシェア、私もカナダではほぼルームシェアです^^ 
      が、一部屋の同じ空間をシェアという事ですか??
      だとしたら生理的な問題で難しいかもしれませんfor me….(笑)
      資金がカツカツなので、どうにか家賃を抑えようとしています^^;
      が、やはり心地の良い場所に住みたいのが本音です。
      とりあえずkijijiなどでギリギリまで安い場所探してみます!w
      ありがとうございます☆^^

      今日お引越しされるんですね><
      ただ普通に数か月住んでいた場所でも離れるときは寂しく感じるのに、
      良いホストさんで仲良くなると離れるの辛そうですね(> <。)

      • ちえこ より:

        ルームシェアは、部屋を他の人と共有、ハウスシェアは個室の場合と、またその中で部屋をシェアの場合があります。確かに文化的に気を遣う日本人が部屋をシェアするのはなかなか大変ですよね。いいお部屋が見つかるといいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です